千葉県青少年団体連絡協議会

千葉県青少年団体連絡協議会(青団協)の紹介

県内の青少年団体が相互に連絡提携を図り、青少年健全育成に寄与することを目的に昭和40年6月に設立。 現在、13団体が加盟。

 

千葉県青少年団体連絡協議会加盟団体一覧

千葉県青年赤十字奉仕団 (043)241−7531
人道を理念として活動する赤十字のボランティアとして18歳から35歳までの団員でで構成され、災害に対する救援活動、社会福祉の増進、心身障害者への介護、保健衛生の向上等の実践活動を行うとともに、若年層に対し、赤十字の思想について普及・啓発を行う団体です。

日本海洋少年団千葉県連盟 (090)6616−6600
海に鍛え、海に学ぶ。をモットーに海をベースに小学校一年生から高校三年生迄を団員とし、カッター・ヨット・手旗・キャンプなどを一緒になって訓練しております。
文部化学省と国土交通省が所管する社会教育団体で(社)日本海洋少年団連盟に所属し、12の地区連盟の中に9の県連盟があり、全国で約15,000人の団 員が登録しています。当千葉県連盟は千葉新宿団、千葉中央団、千葉北部団、市川しおさい団、船橋団、銚子団、勝浦わかしお団の7団で構成されています。

(一社)ガールスカウト千葉県連盟 (043)284−0707
ガールスカウトは、少女と若い女性のための社会教育団体で、世界145ヶ国、約1,000万人の会員が活動しています。幼稚園年長から高校生までの少女たちは、キャンプなどの野外活動を通し異年齢の仲間と協力し、協調、思いやりを身に付け、自ら進んで行動する力を備えていきます。そして成人女性(指導者)に見守られながら、日々の生活の中から課題を見つけ、生きる力、知恵を身に付け、身近な人々への役立ち、地域社会への貢献を目指します。

日本ボーイスカウト千葉県連盟 (043)287−1755
少 人数の異年齢グループで、いわば小さな社会を形作り、従い・協働し・指導する各々の役目を順に学び取り、自発活動を展開していける“ひとを育てる”運動が ボーイスカウトです。野外を主な活動場所にしていますが、楽しく活動するためには、体力・知恵・技能を総動員しなければなりません。生きる力そのものを高 める活動をしているともいえます。小学校入学前の9月からビーバースカウトとして個性を活かしながら仲間と共に遊び、カブ・ボーイ・ベンチャーそして大学 生年代のローバーまで、先輩の背中を見て育ちあっていきます。

(一財)千葉県ユースホステル協会 (043)287−1755
旅行好きのみんな!集まれ!
会員証を手にしたときから、世界各国のユースホステルが使えます。
ユースホステルは旅の我が家。協会事務所の他にも県内11か所で入会受付をしています。
また、千葉県ユースホステル協会では夏のキャンプ・冬のスキーのほか、カヌー・ウォーキング・ネイチャーゲームなど、自然と楽しむ行事を企画しています。
もちろん、一緒に手伝ってくれる人も大募集です。

千葉県BBS連盟 (043)204−7791
非行のない明るい社会の建設に寄与するため、ともだち活動、非行防止活動、研さん活動を行う。

千葉県スポーツ少年団 (047)254−0023
スポーツ少年団の登録、指導者の養成、体力テスト、県外団体との交流などを行う。

(一社)千葉県子ども会育成連合会 (043)255−0557
スポーツ・レクリエーション、文化活動等を行う。

(財)千葉YMCA (043)222−3811
徳、知、体の均衡のとれた青少年の育成を目的とし、幅広い活動を行う。

千葉県モラロジー協議会 (047)323−3192
モラロジーとは、道徳を学問的に研究し、その実行の方法と効果を明らかにしようとするもので、社会活動等を行う。

修養団千葉県連合会 (080)6616−6600
修養によって、明るい家庭、生き生きとした職場、豊かな美しい日本を築くと共に世界平和、人類の福祉に貢献する。

(特)千葉県少年野球連盟 (043)253−7527
少年野球の普及振興を図るとともに、次代を担う青少年の健全育成に努め、青少年野球の振興、交流等を目的とする。

(特)千葉県ウォーキング協会 (043)255−0141
健康に過ごしたいと願う高齢者から子どもまでの幅広い年齢層を対象にウォーキングを通じ健康増進に寄与し、社会に貢献することを目的に活動しています。
 

上へ↑